Debian の cfdisk を用いてパーティションの作成

2001/12/28 一部修正

 必要なのはフロッピーベースでインストールする事が可能な Linux ディ ストリビューションの起動フロッピーだけです。MBM というブートローダー 兼簡易 fdisk でも空のハードディスクに対しては使えました (しかし、 Linux パーティションの削除の方法がわからない...)。MBM は DOS アプ リ版と、ディスクイメージ版とで配布されていて、DOS/Windows を持って いない PC-UNIX ユーザー、あるいは PC-UNIX が苦手な方でも比較的気軽 に使えます。

 Linux に馴染みがあまりない方向けに説明すると、Linux の fdisk/cfdisk は非常に強力で、あらゆる OS のパーティションの作成と 削除ができます(?)。EOTA 用に作成したパーティションを後から他のパー ティションに悪影響を与えずに、その領域を違う OS 用に変更することも できます。
 EOTA だけをハードディスクに入れるよりも Linux とデュアルブートに するのがお勧めです。

 ノートパソコンへの Linux のインストールについては
My Walking Linux HomePage というページで情報が得られます。

 パーティションの構成ですが、進さんからも報告がありますし、私も経 験があるので、

が無難かも知れません。色々試して頂いた方が助かるのですが(^^;;
 私の場合は Debian 2.2 (potato) を使っているので、その起動ディス クを用いて作業をした内容を紹介します。

有れば便利なワードファイル

(バッチやシェルスクリプトのようなもの)

必要なフロッピーイメージ

http://ring.asahi-net.or.jp/archives/linux/debian/debian/dists/potato/main/disks-i386/2.2.26-2001-06-14/images-1.44 以下にあります。cfdisk を使うだけなので新しくても古くても全然構い ません。

 rescue.bin のフロッピーを入れて電源を入れます。
              Welcome to Debian GNU/Linux 2.2!


                       (中略)


This disk uses Linux 2.2.15
    (from kernel-image-2.2.15_2.2.15-2)

Press <F1> for help, or <ENTER> to boot.
boot: [Enter]

↑そのまま Enter を押す。しかし私の ThinkPad360CSE の場合は、

boot: ramdisk floppy=thinkpad[Enter]

とする。ThinkPad560 では必要ない。
 続いて下記の状態になったらフロッピーを root.bin に入れ換えて [Enter]
 hda: [PTBL] [523/32/63] hda1 hda2 hda3
VFS Insert root floppy disk to be loaded into RAM disk and press ENTER
[Enter]

                       Release Notes
             Software in the Public Interest
                        presents
              *** Debian GNU/Linux 2.2 ***

                          (省略)



                          <Continue>
 上記の画面になったら、[Alt]+[F2] を押してコンソールを切替える。 Enter を押し、続いて cfdisk と入力する。
Please press Enter to activate this console.[Enter]
# cfdisk[Enter]
                                  cfdisk 2.10f

                              Disk Drive: /dev/hda
                             Size: 8700346368 bytes
              Heads: 255   Sectors per Track: 63   Cylinders: 1057

    Name        Flags      Part Type  FS Type          [Label]        Size (MB)
 ------------------------------------------------------------------------------
    hda1        Boot        Primary   FAT16                              412.88
    hda2                    Primary   Unknown (71)                        61.94
    hda3                    Primary   Unknown (71)                        65.03










     [Bootable]  [ Delete ]  [  Help  ]  [Maximize]  [ Print  ]
     [  Quit  ]  [  Type  ]  [ Units  ]  [ Write  ]

                 Toggle bootable flag of the current partition

 パーティションを3個すべて削除し、新たに切り直す事にします。
 カーソルの上下でパーティションを指定し、カーソルの左右でコマンド を指定します。

 削除コマンドの [ Delete ] を指定し [Enter]
 新たに作るコマンドの [ New ] を指定し [Enter]

[Primary]  [Logical]  [Cancel]

と表示されたら、[Primary] を指定して [Enter] を押します。primary が 基本領域の意味で、4個まで確保できます。logical は拡張領域の論理領域 (?)でパーティションを沢山確保できます。しかし、EOTA のインストール には使えません。もちろん Linux のインストールには使えます。

Size (in MB): 

は MB 単位で指定します。
 パーティションを切り終えたらタイプの変更をします。パーティション タイプの変更コマンドは [ Type ] です。EOTA の SFS の場合は 71 を指 定することになっています。Linux は 82 で、Linux swap は 83 です。 DOS は 06 のようです。

 セクタ数の表示は [ Units ] を指定すれば表示できます。
 全部設定が終ったならば [ Write ] を指定して [Enter] を押して書き 込みます。


Are you sure you want write the partition table to disk? (yes or no):

           Warning!!  This may destroy data on your disk!

と尋ねられるので yes[Enter] と入力します。そして [ Quit ] を指定し て終了します。

  [ Write ] を指定せずに、[ Quit ] を指定して [Enter] を押して終 了すればパーティションの変更は書き込まれません。

 後は reboot あるいは [Cntl]+[Alt]+[Delete] で終了すれば良いです。


備考

(ThinkPad360CSE 486DX2 50MHz/20MB HDD540MB にインストールしたケース)
Linux から見た /dev/hda2、EOTA から見た /dev/ide2 にインストールする。


 inst_hd.fm の /dev/ide2 の箇所を自分の環境に書き換えます。そして
statfs で sfsboot.bin あるいは posix_fs.bin に書き込みます。

 ブート時の
partition[1] type = 0x71 ....
の行の length の値をメモします。

boot> boot fd 0
あるいは
boot> fdboot

init> (/mksfs /dev/ide2 391104 512 12) exec  ←約 200 MB
     (1分52秒かかった)
init> (/statfs /dev/ide2 dir /) exec
init> (/inst_hd.fm) load
     (17分で終了)

reset をして次からはブート時に
boot> boot hd 0 2
と指定します。

付録

---------- inst_hd.fm --------------------------------------------------
# 2001/7/29 inst_hd.fm
#     12/28 修正
# ide2 と blocksize が 20097  の箇所は私の環境の数値
#(/mksfs /dev/ide2 20097 512 12) exec  # コメントアウトしている
#
(/statfs /dev/ide2 dir /) exec
(/statfs /dev/ide2 mkdir /dev) exec
(/statfs /dev/ide2 mknod /dev/console   0x00000000) exec
(/statfs /dev/ide2 mknod /dev/win1   0x00000001) exec
(/statfs /dev/ide2 mknod /dev/win2   0x00000002) exec
(/statfs /dev/ide2 mknod /dev/keyboard   0x00010000) exec
(/statfs /dev/ide2 mknod /dev/psaux   0x00020000) exec
(/statfs /dev/ide2 mknod /dev/fd   0x80000000) exec
(/statfs /dev/ide2 mknod /dev/ide0   0x80010000) exec
(/statfs /dev/ide2 mknod /dev/ide1   0x80010001) exec
(/statfs /dev/ide2 mknod /dev/ide2   0x80010002) exec
(/statfs /dev/ide2 mknod /dev/ide3   0x80010003) exec
(/statfs /dev/ide2 mknod /dev/ide4   0x80010004) exec
(/statfs /dev/ide2 mknod /dev/rd     0x80020000) exec
(/statfs /dev/ide2 dir /dev) exec
# copy /system/*
(/statfs /dev/ide2 mkdir /system) exec
#(/statfs /dev/ide2 create /system/2ndboot) exec
#(/statfs /dev/ide2 create /system/btron386) exec
(Start write /system/*) echo cr
#(/statfs /dev/ide2 write /system/2ndboot /system/2ndboot) exec
(/statfs /dev/ide2 write /system/btron386 /system/btron386) exec
# copy /*
(/statfs /dev/ide2 write /test /test) exec
(/statfs /dev/ide2 write /psauxtst2 /psauxtst2) exec
(/statfs /dev/ide2 write /frtm /frtm) exec
(/statfs /dev/ide2 write /k14.bfb /k14.bfb) exec
(/statfs /dev/ide2 write /init.fm /init.fm) exec
(/statfs /dev/ide2 write /mandel.fm /mandel.fm) exec
(/statfs /dev/ide2 write /wbmaker.fm /wbmaker.fm) exec
(/statfs /dev/ide2 write /frtm.txt /frtm.txt) exec
(/statfs /dev/ide2 write /ari /ari) exec
(/statfs /dev/ide2 write /SKK-JISYO.M /SKK-JISYO.M) exec
(/statfs /dev/ide2 write /pager /pager) exec
(/statfs /dev/ide2 write /i-scheme /i-scheme) exec
(/statfs /dev/ide2 write /mksfs /mksfs) exec
(/statfs /dev/ide2 write /statfs /statfs) exec
(/statfs /dev/ide2 write /sash /sash) exec

(/statfs /dev/ide2 chmod 755 /test) exec
(/statfs /dev/ide2 chmod 755 /psauxtst2) exec
(/statfs /dev/ide2 chmod 755 /frtm) exec
(/statfs /dev/ide2 chmod 755 /ari) exec
(/statfs /dev/ide2 chmod 755 /pager) exec
(/statfs /dev/ide2 chmod 755 /i-scheme) exec
(/statfs /dev/ide2 chmod 755 /mksfs) exec
(/statfs /dev/ide2 chmod 755 /statfs) exec
(/statfs /dev/ide2 chmod 755 /sash) exec

(/statfs /dev/ide2 dir /) exec

2001/11/29 作成  
     12/28 一部修正

NAKANISHI Shin (snakani@users.sourceforge.jp)

[戻る]