ウィンドウデザインの変更

2001/2/5 update

window04.jpg


< wbmaker.fm に窓枠をすり替え、日本語の文章を読み込んでいる状態 >



上記の画像について

WindowMaker のデザインを模倣したものを書いてみました。WindowMaker とは X Window System の Window Manager の一つです。release 2001/2/3-1 からユーザーが定義をしたウィンドウデザインを表示できるようになりました。

ワード定義をしたソース


定義の作り方の簡単な説明




< 最小限のデザイン >


上記のウィンドウデザインの定義の簡単な説明です。次のワードはルート (壁紙、デスクトップ相当) とウィンドウの白地とタイトルの文字のみの必要最小限のデザインです。行番号は説明の為に付け足したものです。

     1  var x var y var w var h
     2
     3  : root
     4    0 setcolor 0 0 640 480 rectf ;
     5    
     6  : window
     7    h $ w $ y $ x $
     8    15 setcolor
     9    x @ y @ w @ h @ rectf ;
    10    
    11  : title
    12    h $ w $ y $ x $
    13    4 setcolor
    14    1 setfont
    15    x @ y @ 14 - SP nrotr SP nrotr drawstr ;

1 行目は変数を宣言しています。

3〜4 行目の root は黒色 (0 secolor)で 0,0 (左上端) から幅 640、高さ480 の長方形を描いています。

6〜9 行目の window はウィンドウ面を長方形に白く (15 setcolor) 塗りつぶしています。

11〜15 行目の title では赤色 (4 setcolor) を文字色に指定し、 window の 14 ドット上に表示しています。

他の説明しなかった箇所はそのまま使います。